リサイクルトナーで再利用

リサイクトナー他にも、仕事において高いコストパフォーマンスを実現するためのツールはたくさんあります。家庭においても職場においてもそれを追求して行くことによって、より高い生産性を実現することができ、同時にコストを抑えることにもなります。いわゆる、『むだ』を無くすということですね。皆さんは普段の生活において、または自分が行っている仕事において、必要以上に無駄がないでしょうか。掛ける『コスト』と、それに見合う『パフォーマンス』は天秤に掛かっているでしょうか。もしそれらがまだ実現されていないなら、それを普段の生活にも取り入れてみて、よりコストを抑えてどのように快適性を実現することができるか、という点について考えてみることができるかもしれません。もちろんすべてのことがコストパフォーマンスのことを考えて判断することはできません。どれだけコストをかけても遥かに高い安全性や生産性を優先させなければならないことはたくさんあるからです。

しかし、今回取り上げた、リサイクルトナーのように、それを用いることによってそれが生産性の向上やコスト削減、さらには環境問題にとってプラスとなるのであれば、それを積極的に導入することができるでしょう。

≪参考サイト≫リサイクルトナー利用 / トナプロ

環境にやさしいリサイクルトナーのすすめ

オフィスや家庭でプリンターを使用していると、どうしても必要になってくるトナーですが、現在は『リサイクルトナー』が主流となってきています。リサイクルトナーとはどんな商品なのでしょうか。リサイクルトナーとは使用済みのトナーを回収し、それを分解、洗浄、部分交換をしてまた新たなトナーとして生まれ変わらせる技術のことです。つまり、トナーの再利用の事なのです。

この商品はゴミを減らすことが出来るため環境にやさしく、大幅なコストダウンをすることが出来るため利用者のお財布にもやさしい物となっています。また、熱加工されずにリサイクルされるので、二酸化炭素の排出も減らすことが出来るのが最大のメリットとなっています。では、デメリットはないのでしょうか。

それは、リサイクルと言う事で純正の商品よりも不具合の発生率が高いことが挙げられます。不具合が出た場合にメーカー保証が無いと言う事もデメリットと言えるかもしれません。環境を考えてプリンターの使用をしているのであれば、今後リサイクルトナーを利用してみてはいかがだろうか。

プリンタインクの単価

一般的に販売されているプリンタは、一回の補充でどのくらいの枚数を印刷することができるか、と言う基準のようなものがあります。おおよそ、低価格帯のプリンタよりも、高価格帯のプリンタの方が、その効率が良くなる性能を持っています。プリンタ一つにおける、いわゆる『インク代』の比率はかなりのもので、インクを3、4回交換しただけで、本来の購入したプリンタ代金よりも効果になっているということは珍しくありません。ですから、初期投資を抑えて安いプリンタを購入するか、または初期投資は掛かったとしてもある程度安定して、インクのコストを可能な限り抑えることができるプリンタを購入するか、という点は迷う点です。

そこで、やはり『コストパフォーマンス』の話が大切になってきます。例えばかなりプリンタを高い頻度で利用するという人にとっては、多くの枚数を印刷するわけですから、少しプリンタのモデルが高いモデルであっても、それはのちのちその初期投資を賄えるような働きをするでしょう。反対に、ほとんどプリンタは使わない、と言う人は高価なプリンタを購入しても使う機会が無いので、その初期投資分は恩恵を得ることができないので、安価な価格帯のプリンタでも良いかもしれません。

我が社でのリサイクルトナーの活用について

プリンタ私は現在、物流を手掛ける会社に勤務しています。国内の貨物配送はもちろんのこと、海外への輸出案件、海外からの輸入案件など、その業務範囲は多岐にわたっています。特に輸出入の際の関連書類は相当多くなります。通関部門への提出書類、船舶会社への船積み申請用書類など、かなり書類の量が多くなってしまいます。そのほとんどを現在ではパソコンを活用してプリントアウトするようになっていますが、そのプリントアウトする量が毎日かなりの量になってしまっているのが現状です

そのプリントアウトに要するプリンタのトナーを、現在はリサイクルトナーにしています。このリサイクルトナーを活用することで、プリントアウトにかかるトナーの費用を抑えることができます。単価としては微々たるものですが、毎日膨大な量を扱っているため、その節約効果は通常の使い捨てトナーと比較するとかなりのものです。今後も継続してリサイクルトナーを活用していくと思います。

リサイクルトナーと互換インクの普及

会社にとって事務費は何よりも節約しなければならないところだろう。そうすると単価の高いコピー機のトナー代やインク代は真っ先に節約の対象に含まれてくる。リサイクルトナーや互換インクは純正の1/3の金額かそれ以下で普通販売されている。同じような品質が保たれるということであれば、そちらに変えようと思うのはごく自然の流れだろう。

無論、会社がリサイクルトナーや互換インクを使うかどうかは会社の方針にもよるが、会社が心配する品質保証の面でも最近のリサイクルトナー、互換インクの業者は、気を使っているところが多いのです。プリンターとの相性不良や商品不良にも対応できるとうたっている業者もありますし、開封後1年保証をつけるところもあります。インターネットをみれば、そうした業者は多数検索でき、社名、所在、連絡先をきちんとオープンにしています。アフターサービス面でも充実してきたこの商品は、一般の会社に大きく普及してきているのはまちがいないでしょう。

コストと性能の両立

コスト私達が普段の業務において、いわゆる『コスト』を考える機会はたくさんあります。コストを優先させるか、それよりも最高度の『品質』を優先させるか、という点は選択しなければならない場合が多くあります。大抵の場合、コストと『パフォーマンス』というものは両立させることができ、それが揃っている場合に、いわゆる『コストパフォーマンス』が高い、と言います。私達が普段生活の中で用いているものであっても、このコストパフォーマンスにおいてかなりの高さを誇っているものが沢山あり、私達はそれを生活の中に取り入れることによって、より快適な生活を送ることができる、と言えるでしょう。その一つが先ほども挙げた『リサイクルトナー』です。

プリンターには、主に2つの種類が現在では主流として用いられています。まずは家庭で多く用いられている『インクジェット方式』のプリンタです。これは、細かい粒上のインクを紙に吹き付けることによって、印字を行っています。もう一つが、『レーザープリンター』で、これはレーザー熱を利用した印字方法です。より安価で購入することのできるインクジェットプリンタには、導入が安いというメリットがありますが、インクが高価であるというデメリットがあります。

年賀はがきの大半がインクジェットプリンターでの印刷に変化した

コンピュータが普及して、どこの家庭でも持っているぐらい一般的になりました。コンピュータを購入する動機もインターネットをするから、年賀状を自作すると言う大義名分で購入している人が多いと思います。先日もコンピュータの店員が説明を行っているのに、はがき印刷の説明をしておりました。実際に始めて購入する人はコンピュータとプリンターをセットで購入する割合が多いとか。又、大手コンピュータ販売の会社から出しているパソコンも初期インストールされているアプリに画像処理とかはがき印刷が無料で入っています。今年も、夏が過ぎると直ぐに年末が来ます。

最近、一年が過ぎるのが早いのも年のせいかなとあきらめています。いざ年賀はがきを作ろうとしても、お気に入りの無料画像をダウンロードしてはがきに印刷しなければなりません。ところがコンピュータの画面上で出来た物をいきなり年賀はがきに印刷する人は少ないと思います。そうです、何度も試し印刷をしてはがきの感じを見ながら決めていきます。試し印刷用のはがきは100均等で格安に購入するのですが、月が迫るほど売り切れて手に入らなくなってしまいます。ですから試し様のはがきは夏が過ぎれば直ぐにでも購入しておくのが賢コツかもしれません。

大量印刷にはレーザープリンターを使うべし

文章や写真を大量に印刷しなければならないときには、インクジェットの普通のプリンターで印刷使用とすると膨大な時間をさいてしまいます。結果として時間を無駄にしてしまってはいませんか。そういうときに役にたつと思うのは、レーザープリンターではないでしょうか。

写真で細部にこだわる場合は、インクジェットプリンターでやらないと細部の細かいところは印刷できないのですが、文字など形の分かればいいものであれば、インクジェットよりもレーザープリンターを使って、早く印刷してしまったほうがいいのではないでしょうか。通常の印刷よりもずっと高速でかつ、短時間ですますことができますし、印刷にかかるコストの削減をすることができるようになります(コンピューターに高い負荷をかけずびすむので、結果的に電力をあまり使わなくなり、エコ二なるということ)。しかし、メンテナンスに関しては、インクジェットプリンターのほうがいいかもしれません。

リサイクルトナーはエコにつながる?

インク環境のことを考えるための機会はたくさんありますが、単にそれらについて知るだけではなく、本当にそれらのことを「理解する」という事が何よりも大切であるという事を私たちは知っています。そして多くの方が、意識的にも、「無意識的にも」そのことを行っている、といえます。あなたは、環境問題に対して、どのような取り組み方をされていますか。もしそれが、『無意識』からくるものであっても、それが本当に意味をなすものであれば、やはりそれも環境問題に関して貢献しているといえるでしょう。それは「知る」だけでなく「行動する」という事を実践しているからです。私たちが実践できる、実際的な『環境』への取り組みや、『エコ』には、たくさんのジャンルがありますが、それらすべてを取り組むことはできませんし、それらの方法すべてを追及することはできません。できることから行うことができます。

『エコ』は、誰もが求めるものではありますが、それは消耗品を扱う時に、よく用いられることがあります。消耗品を、どれだけエコに使うことができるか…それは単に、環境問題に貢献するだけでなく、私たちが仕事などで用いる際の『コスト』を削減することにもつながります。コストを削減できる分野というのはいろいろありますが、『リサイクルトナー』を用いる方法というのも、その一つです。コピー機はトナーを使うものが多いですが、なぜリサイクルトナーを使う方法が、『エコ』につながるのでしょうか。

リサイクルトナーの普及と印刷物の品質

省エネ、エコが普通になりつつあります。リサイクルトナーの登場初期は費用が格安で済むということで注目を集めましたが、現在はメーカーがリサイクルトナーを手がけているところもあります。自社で処理した場合は公認のものとなります。リサイクルトナーを使用するのは主にレーザープリンタやレーザータイプの複合機ですが、複合機の中にはステープル機能が付いており冊子のように製本して印刷を仕上げるものがあります。つまり極端な話、1冊でも本の制作が可能となるのです。

そうなると発行部数の少ない冊子タイプは手持ちの複合機で製作となりますが、この時にリサイクルトナーをそのまま使用するかどうかというジレンマに似た問題が発生します。しかし印刷物の品質を決めるのはトナーだけではなく、用紙の品質や内容によるものです。写真が含まれているページは上質紙や光沢紙など用紙のグレードを上げることで仕上がりがよくなります。トナーの乗りが印刷品質を決めることを考えると使用するツールのバランスが実は大切なのではないか?と思います。