リサイクルトナーで再利用

他にも、仕事において高いコストパフォーマンスを実現するためのツールはたくさんあります。家庭においても職場においてもそれを追求して行くことによって、より高い生産性を実現することができ、同時にコストを抑えることにもなります。いわゆる、『むだ』を無くすということですね。皆さんは普段の生活において、または自分が行っている仕事において、必要以上に無駄がないでしょうか。掛ける『コスト』と、それに見合う『パフォーマンス』は天秤に掛かっているでしょうか。もしそれらがまだ実現されていないなら、それを普段の生活にも取り入れてみて、よりコストを抑えてどのように快適性を実現することができるか、という点について考えてみることができるかもしれません。もちろんすべてのことがコストパフォーマンスのことを考えて判断することはできません。どれだけコストをかけても遥かに高い安全性や生産性を優先させなければならないことはたくさんあるからです。

しかし、今回取り上げた、リサイクルトナーのように、それを用いることによってそれが生産性の向上やコスト削減、さらには環境問題にとってプラスとなるのであれば、それを積極的に導入することができるでしょう。

プリンタインクの単価

一般的に販売されているプリンタは、一回の補充でどのくらいの枚数を印刷することができるか、と言う基準のようなものがあります。おおよそ、低価格帯のプリンタよりも、高価格帯のプリンタの方が、その効率が良くなる性能を持っています。プリンタ一つにおける、いわゆる『インク代』の比率はかなりのもので、インクを3、4回交換しただけで、本来の購入したプリンタ代金よりも効果になっているということは珍しくありません。ですから、初期投資を抑えて安いプリンタを購入するか、または初期投資は掛かったとしてもある程度安定して、インクのコストを可能な限り抑えることができるプリンタを購入するか、という点は迷う点です。

そこで、やはり『コストパフォーマンス』の話が大切になってきます。例えばかなりプリンタを高い頻度で利用するという人にとっては、多くの枚数を印刷するわけですから、少しプリンタのモデルが高いモデルであっても、それはのちのちその初期投資を賄えるような働きをするでしょう。反対に、ほとんどプリンタは使わない、と言う人は高価なプリンタを購入しても使う機会が無いので、その初期投資分は恩恵を得ることができないので、安価な価格帯のプリンタでも良いかもしれません。

コストと性能の両立

私達が普段の業務において、いわゆる『コスト』を考える機会はたくさんあります。コストを優先させるか、それよりも最高度の『品質』を優先させるか、という点は選択しなければならない場合が多くあります。大抵の場合、コストと『パフォーマンス』というものは両立させることができ、それが揃っている場合に、いわゆる『コストパフォーマンス』が高い、と言います。私達が普段生活の中で用いているものであっても、このコストパフォーマンスにおいてかなりの高さを誇っているものが沢山あり、私達はそれを生活の中に取り入れることによって、より快適な生活を送ることができる、と言えるでしょう。その一つが先ほども挙げた『リサイクルトナー』です。

プリンターには、主に2つの種類が現在では主流として用いられています。まずは家庭で多く用いられている『インクジェット方式』のプリンタです。これは、細かい粒上のインクを紙に吹き付けることによって、印字を行っています。もう一つが、『レーザープリンター』で、これはレーザー熱を利用した印字方法です。より安価で購入することのできるインクジェットプリンタには、導入が安いというメリットがありますが、インクが高価であるというデメリットがあります。

リサイクルトナーはエコにつながる?

環境のことを考えるための機会はたくさんありますが、単にそれらについて知るだけではなく、本当にそれらのことを「理解する」という事が何よりも大切であるという事を私たちは知っています。そして多くの方が、意識的にも、「無意識的にも」そのことを行っている、といえます。あなたは、環境問題に対して、どのような取り組み方をされていますか。もしそれが、『無意識』からくるものであっても、それが本当に意味をなすものであれば、やはりそれも環境問題に関して貢献しているといえるでしょう。それは「知る」だけでなく「行動する」という事を実践しているからです。私たちが実践できる、実際的な『環境』への取り組みや、『エコ』には、たくさんのジャンルがありますが、それらすべてを取り組むことはできませんし、それらの方法すべてを追及することはできません。できることから行うことができます。

『エコ』は、誰もが求めるものではありますが、それは消耗品を扱う時に、よく用いられることがあります。消耗品を、どれだけエコに使うことができるか…それは単に、環境問題に貢献するだけでなく、私たちが仕事などで用いる際の『コスト』を削減することにもつながります。コストを削減できる分野というのはいろいろありますが、『リサイクルトナー』を用いる方法というのも、その一つです。コピー機はトナーを使うものが多いですが、なぜリサイクルトナーを使う方法が、『エコ』につながるのでしょうか。