リサイクトナー他にも、仕事において高いコストパフォーマンスを実現するためのツールはたくさんあります。家庭においても職場においてもそれを追求して行くことによって、より高い生産性を実現することができ、同時にコストを抑えることにもなります。いわゆる、『むだ』を無くすということですね。皆さんは普段の生活において、または自分が行っている仕事において、必要以上に無駄がないでしょうか。掛ける『コスト』と、それに見合う『パフォーマンス』は天秤に掛かっているでしょうか。もしそれらがまだ実現されていないなら、それを普段の生活にも取り入れてみて、よりコストを抑えてどのように快適性を実現することができるか、という点について考えてみることができるかもしれません。もちろんすべてのことがコストパフォーマンスのことを考えて判断することはできません。どれだけコストをかけても遥かに高い安全性や生産性を優先させなければならないことはたくさんあるからです。

しかし、今回取り上げた、リサイクルトナーのように、それを用いることによってそれが生産性の向上やコスト削減、さらには環境問題にとってプラスとなるのであれば、それを積極的に導入することができるでしょう。

≪参考サイト≫リサイクルトナー利用 / トナプロ

環境にやさしいリサイクルトナーのすすめ

オフィスや家庭でプリンターを使用していると、どうしても必要になってくるトナーですが、現在は『リサイクルトナー』が主流となってきています。リサイクルトナーとはどんな商品なのでしょうか。リサイクルトナーとは使用済みのトナーを回収し、それを分解、洗浄、部分交換をしてまた新たなトナーとして生まれ変わらせる技術のことです。つまり、トナーの再利用の事なのです。

この商品はゴミを減らすことが出来るため環境にやさしく、大幅なコストダウンをすることが出来るため利用者のお財布にもやさしい物となっています。また、熱加工されずにリサイクルされるので、二酸化炭素の排出も減らすことが出来るのが最大のメリットとなっています。では、デメリットはないのでしょうか。

それは、リサイクルと言う事で純正の商品よりも不具合の発生率が高いことが挙げられます。不具合が出た場合にメーカー保証が無いと言う事もデメリットと言えるかもしれません。環境を考えてプリンターの使用をしているのであれば、今後リサイクルトナーを利用してみてはいかがだろうか。