環境のことを考えるための機会はたくさんありますが、単にそれらについて知るだけではなく、本当にそれらのことを「理解する」という事が何よりも大切であるという事を私たちは知っています。そして多くの方が、意識的にも、「無意識的にも」そのことを行っている、といえます。あなたは、環境問題に対して、どのような取り組み方をされていますか。もしそれが、『無意識』からくるものであっても、それが本当に意味をなすものであれば、やはりそれも環境問題に関して貢献しているといえるでしょう。それは「知る」だけでなく「行動する」という事を実践しているからです。私たちが実践できる、実際的な『環境』への取り組みや、『エコ』には、たくさんのジャンルがありますが、それらすべてを取り組むことはできませんし、それらの方法すべてを追及することはできません。できることから行うことができます。

『エコ』は、誰もが求めるものではありますが、それは消耗品を扱う時に、よく用いられることがあります。消耗品を、どれだけエコに使うことができるか…それは単に、環境問題に貢献するだけでなく、私たちが仕事などで用いる際の『コスト』を削減することにもつながります。コストを削減できる分野というのはいろいろありますが、『リサイクルトナー』を用いる方法というのも、その一つです。コピー機はトナーを使うものが多いですが、なぜリサイクルトナーを使う方法が、『エコ』につながるのでしょうか。